パニック障害

突然パニック発作が起こります。発作は急性の不安や恐怖感を伴いま す。身体症状として、動悸、胸痛、眩暈、震え、息苦しい、発汗、痺れ、離人感などが有ります。突然のパニック発作は、強いストレスが3ヶ月以上続いた時、 強い疲労状態が長く続いた時、他人の事故や死に遭遇した時などに起こります。通常、死を意識する程の恐怖感を抱きますので又起こるのでは無いかと囚われる ようになり反復発作を繰り返します。